Skip to content
公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/06/06

軽貨物のルート配送とは?その特徴やメリットを紹介!

軽貨物事業というのは他の業種と比べると比較的開業が行いやすく、資金的に余裕のないオフィスワーカーの独立プランとしても現実的です。そんな軽貨物事業を長続きさせるにあたっては、安定した収入を得られる案件を長期的に受注することであり、それができるかできないかでビジネスの結果も大きく変わってくるでしょう。

そんな軽貨物事業者にとって頼れる味方となってくれそうなビジネスが、「ルート配送」です。ルート配送は安定かつ長期的な利益を獲得できる有効な手段として、積極的な検討の余地があるでしょう。

この記事では、そんなルート配送の特徴やメリットについて解説していきます。

 

軽貨物のルート配送の特徴とは?

オフィスワーカーとしてこれまでオフィスで勤務されてきた方々にとって、ルート配送というのはそれほどなじみのないことであるかもしれません。しかし、軽貨物を含む物流業界を考える際で、ルート配送というのは非常に大きな役割を持っています。

輸送というのは、必ずしも毎回異なる場所へものを運びにいくわけではありません。メーカーの大きな工場から地方各地の小さな拠点へ、毎回商品や資材を定期的に運ぶ必要も生じてきます。そうした、目的地が事前に決まっている輸送を定期的に行うのがいわゆるルート配送なのです。

 

ルート配送の事例について

ルート配送は生活の中においても非常に大きな役割を担っており、多くの方の生活に欠かせない存在となっています。だからこそ、軽貨物業者がルート配送を行う需要もあるのです。この項目では、たとえばどのようなときにルート配送が行われているのかということについて例を挙げて解説していきましょう。

工場間での部品輸送

たとえば、ある大型の機械を製造する際、ひとつの工場ですべてのパーツを造り上げるのではなく、いくつかの拠点に役割を分担させるといった方法があります。その方が工程管理や部品管理の面で効率的であるからです。

そうしたある種の大きな分担作業において活躍するのがルート配送です。それぞれの工場で製造した各部品を定期的に輸送し、一か所にまとめるという重要な役割を担っています。企業によっては工場のスタッフにそれらを行わせる場合もありますが、ノウハウや時間管理の面で効率的と考え、外部の軽貨物業者に委託している企業も多数です。

コンビニの商品配送

日本国内にて生活している方のほとんどが利用するであろうコンビニにおいても、ルート配送は決して欠かすことのできない存在となっています。商品の回転が激しいコンビニでは、短いスパンでの在庫補充が効率的な利益確保のため重要となるため、委託された業者が定期的に各地のコンビニへ各商品を輸送しているのです。

ルート配送を行う業者が存在しなければ、コンビニへの商品供給はたちまちのうちにストップし、多くの方の生活環境に悪影響を及ぼすでしょう。

ユーザーが契約した定期購入品の配送

サプリメントや健康食品、雑誌など、定期購入サービスを実施している企業は多数存在しています。定期購入ならば企業は定期的に安定した収入を獲得できますし、契約を行ったユーザーは小売店まで行かずとも希望の品が購入でき、なおかつおまけがもらえたりもするwin-winな関係なのです。

そんな関係を支えている縁の下の力持ち的な存在が、軽貨物などの運送業者です。運送業者は企業からユーザーへ定期的に商品を輸送することによって、この関係が崩れてしまわないよう務めています。定期購入サービスというのは、配送業者によってルート配送が行われてこそ存在できるのです。

 

軽貨物事業者がルート配送を行うメリットとは

先述した通り、ルート配送という形態は社会のさまざまな流通において重要な役割を担い、企業やユーザーが満足のいく利益を獲得するための支えとなっています。そして、利益は運送業者自体も受けられます。この項目では、軽貨物事業者がルート配送を行うことによって獲得できるメリットについて解説していきましょう。

目に見える形で社会的な貢献

軽貨物という事業を運営しているだけでも、広い意味であれば確かに社会的な貢献につながっているとは言えます。しかし、どうせ事業を行うのであれば、もっと大きく目に見える形で社会貢献を行いたいという方も、独立意識の高い方の中にはいらっしゃるでしょう。

そんな方にとって、ルート配送への積極的な取り組みはとても大きなチャンスと言えます。定期的に物資を輸送し、企業やユーザーをつなぐ架け橋的な存在であるルート配送は、社会的な意味合いがとても大きい業務です。ルート配送に重点を置くことにより、社会的な事業としての位置づけを行うことができるでしょう。

企業やユーザーとのつながりが強まる

ルート配送というのは、わずか一回で終わるスポット的な配送業務とは異なり、企業やユーザーとの関係に少なからず依存しています。毎回同じ企業から商品を受け取り、毎回同じ目的地へと届けることとなるので、そういったルートに関わる人々や企業との関係性が深まるのは言うまでもないでしょう。

すなわち、ルート配送業務を継続することによって、外部の人間とのつながりが深まり、次の事業への発展が期待できるということです。

定期的に安定した利益を得られる

ルート配送を積極的に行うことによるもっとも物理的なメリットと言えば、やはり定期的に利益を獲得できるということでしょう。単発それっきりの案件とは異なり、定期的に仕事が入ってきます。だから、ルート配送の契約さえ解消されなければ、定期的に収入が得られるようになっているのです。

こうしたメリットは、資金的に不安定になりがちな立ち上げ時期にはとくに大きなメリットとなり得るでしょう。

事業の運営が行いやすくなる

先述したように定期的な利益が得られやすくなるということは、事業の運営に余裕ができるということです。資金繰りに奔走したり、無理な案件を受けて体力を消耗してしまうといったネガティブな事柄が発生しづらくなるので、うまくいけば余裕を持って安定収入を得て生活するという理想的な事業運営が可能となります。

よって、ルート配送業務を無理のない範囲で多数受注することができれば、事業も長期的に継続させやすくなるでしょう。

 

ルート配送を行うための準備

軽貨物で独立した事業者にとってさまざまなメリットを持っているルート配送ですが、受注を行ったうえで安定して契約を継続させるためには、最低限の準備が必要となります。

企業からの信頼

ルート配送でもっとも重要と言えるのは、契約元である企業からの信頼です。とても重要な業務ですから、企業としても信頼ができる業者に任せたいと考えています。

トラブルへの備え

ルート配送というのは決まった時期に仕事が受けられる反面、裏を返せば時期がくれば必ずその仕事を受けなければならないという厳しい一面もあります。もし、その日に営業車が故障していた、あるいは体調不良などのトラブルで受注できなければ、場合によっては契約元である企業からの信頼を大きく損ねることとなり、契約解消にもつながりかねないでしょう。

だからこそ、トラブルへの備えは万全になされている必要があります。

 

サポート業者との連携によってルート配送を受注しやすい環境に

ルート配送を積極的に受注したい方におすすめなのは、軽貨物での独立開業をサポートしている業者と契約し、連携することです。そのような業者は既存のコネクションを利用してルート配送の案件を回してくれるだけでなく、万全の研修体制で企業から信頼されやすい事業運営を行うためのノウハウも教えてくれます。

ルート配送の受注によって経営を安定させたいのなら、こういう方法も検討しておくべきでしょう。