Skip to content
公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/06/06

軽貨物運送業の独立に失敗しないための事前マニュアル

軽貨物運送での独立開業がオフィスワーカーなどの間で注目を集めているようです。

確かに、設備投資などにかなりの費用が必要となる飲食店と比較した場合、軽貨物は自宅や自家用車を営業所や事業用自動車として運用することができるので、開業のために必要な資金が少なく、独立開業しやすいと言えます。

ただし、だからと言って軽貨物での独立開業が必ず成功できる、最小限の働き方で大きな利益を獲得できるというわけではありません。いくら軽貨物が立ち上げやすい独立開業ビジネスだからとは言っても、その手順を誤れば、失敗してしまうという可能性はゼロではないのです。

 

軽貨物の独立開業にてありがちな失敗

軽貨物の独立開業にあたって陥りがちな失敗のパターンには、さまざまなものがあります。この項目では、そうした失敗の例について解説を行っていきましょう。

書類、あるいは設備の不備
開業にあたって多くの方、とくに事前知識の習得ができていない方がしばしばつまづいてしまうポイントです。軽貨物での開業は必要な設備が少なく、また許可制でなく届け出制である分、比較的容易に開業を行うことができるのですが、それでも必要事項に不備があった場合は書類の再提出などを要求され、開業することができません。

たとえば書類(運賃料金設定届出書、貨物軽自動車運送事業経営届出書他)の記載項目に抜けや誤りがある場合、そして営業所や営業車両といった必要な設備が用意できていない、あるいは基準を満たしていないという場合です。一度書類が通らなかったからもう開業することはできないということはないのですが、こうしたところでつまづきがあると手続きが遅れ、予定に狂いが発生します

利益を上げることができない
せっかく軽貨物運送業を開業したとしても、それで終わりではありません。事業の目的というのはなんといっても利益を上げ、それをもって社会に貢献することだからです。利益を上げることができなければ、事業の意味のほとんどが失われてしまいます。

しかし、この利益を上げるということが一見単純なように見えて非常に難しいものです。なにしろ、よほど特別な職種でない限り、ライバルがいないということはあり得ません。せっかく利益を獲得できる案件をライバルに取られてしまい、黒字化を達成することができないということも十分にあり得ます。

また、利益が得られるといっても、それが安定していなければ経営と生活はかなり厳しいものとなります。利益が不安定だと資産を形成することが難しくなるだけでなく、いざというときの出費をねん出することが困難となるので、トラブルに弱くなってしまいます。

オーバーワークに陥ってしまう
先述したケースとは逆になるのですが、仕事がありすぎるというのもまた考えものです。たくさん仕事をとってきてそれをさばききれる体制が整っているのであれば何ら問題はないのですが、オフィスワーカーから軽貨物事業を立ち上げようとしている方のほとんどは個人での始業であり、人材的余裕に乏しいのが実情です。

ですので、多くの利益を獲得しようと案件を受注しすぎてしまうと、たちまちのうちにオーバーワーク状態となってしまいます。時間のほとんどを事業に費やしてしまうこととなり、生活に余裕がなくなってしまうのです。このような状態では「安定した収入を得つつ、自由な時間を確保する」という軽貨物事業のメリットをつぶす形となり、将来的には健康的なリスクを抱えることとなり得ます。

トラブルの発生により損失が発生
これは軽貨物事業のみならず、あらゆる事業においてつきまとう問題です。たとえば軽貨物の場合、輸送するべきものを落下破損させてしまった、あるいは第三者の自動車や所有物に営業車をぶつけてしまったという事態が発生すれば、決して無視できない損失が発生することとなります。

このようなトラブルが発生した場合、失うのは金銭的な損失だけではありません。「あの業者は客の荷物を壊した」「しばしば事故を起こしている」といったようなことがユーザーの間で知られれば社会的な信用に悪影響を及ぼし、利益を大きく損なうこととなるでしょう。

ユーザーからのクレームが多発
先述のように大きなトラブルへ発展しなかったとしても、ユーザーからのクレームが多発するような状況に陥ると、事業は順調に立ちゆかなくなるでしょう。「荷物の配送先を間違える」「到着が遅い」といったようなことが続けば続くほど、クレームの数は増大していきます。

クレームが多発する背景には、事業者およびスタッフのノウハウ不足が大きいです。効率的に業務を進めるノウハウが整備されていないため仕事のクオリティが不安定なものとなり、ユーザーのニーズを叶えられない結果に結びつき、クレーム多発へとつながります。

 

軽貨物独立開業の際失敗しないためのポイント

前の項目で述べたような失敗を発生させないためには、いったいどのような対策が必要なのでしょうか。この項目で解説を行っていきましょう。

開業手続きは事前にチェック
手続きのミスを防ぐ方法としては、事前に書類の記入法や準備すべき設備についてネットなどでリサーチし、把握しておくことがもっともベストな方法です。

開業前にコネクションの形成を図る
開業後も安定した利益を得られるようにするには、事前に固定客を獲得しておくことが望ましいです。積極的な宣伝や人づての紹介によって販路やコネクションを形成しておき、毎月どれぐらいの利益を得られるか予想できるほどの安定した環境をつくっておきたいところです。

軽貨物事業の開業をサポートしている業者と契約を結べば、コネクションづくりに関する支援を受けられる場合があります。

任意保険への加入
万が一のトラブルによる損失を防ぐため、任意保険への加入をおすすめいたします。保険会社が事業者向けの自動車保険や賠償責任保険を販売しており、随時相談に応じてくれるので、スムーズな加入ができます。

経営、業務ノウハウを習得する
事故リスクおよびクレームの発生を最大限に減少させ、なおかつ安定した利益を得るには、やはり経営や業務に関するノウハウの取得が必要です。

これを個人の力で習得するのは難しいですが、軽貨物事業での独立をサポートとしている業者と契約を結ぶことによって、これらに関する研修を受けることができるようになっています。研修によるノウハウの取得があるのとないのとでは、事業の結果が大きく変わってくるはずです。

 

失敗を防ぐには、サポート業者との契約も方法のひとつ

軽貨物運送事業を独立開業するにあたって、失敗の可能性を減らしていくというのはなかなか大変なことです。そうした問題への対策のひとつとして、サポート業者との契約は有効と言えます。卓越したノウハウを研修で学び、固定客の提供による安定した利益も期待することができるからです。

「軽貨物で独立を考えているけど、成功するかどうか不安」と悩まれている方は、サポート業者との契約を積極的に検討されてもよいのではないでしょうか。