Skip to content
公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/01/06

軽貨物業で独立開業するなら支援を活用!どんなものがある?

これから配達員として働きたいと考えているならば、いろいろな支援サービスを活用しておくべきです。いろいろな支援サービスを活用することによってよりよい始まりを切れるようになります。独立開業は決して簡単なことではないので、支援制度をできるだけ使ってもっと気軽に軽貨物配達員として活躍できるようになりましょう。

サポートしてくれるサービスが多い

いろいろなドライバーとして起業する人が増えていることもあり、軽貨物ドライバー向けのサービスも増えています。中でも役立ってくるのがスケジュール管理をしてくれるソフトウェアやアプリです。こうしたものは無料で使えるものもありますから、まずは取り入れておきたいところです。

独立開業においてはスケジュール管理が大事であり、自分で自分の作業量を管理できないと一人前とはいえません。単に働きすぎるのも駄目で過労死しては元も子もないもないですから、しっかりとスケジュール管理をしていくことでいつ休めばよいかもわかってきます。

スケジュール管理以外にも大事になってくるのが予算管理です。軽貨物ドライバーになるといろいろと車をアップグレードしたりもしたくなりますが、こうしたことは予算を常に考慮しておかないといけません。一体どれくらい余裕があるのか、といったことを知るためにも予算管理ソフトウェアなどを利用して予算管理してみてください。これは後述するローンなどを利用する際にも大事になってきます。

初期資金が少なくても始められる

軽貨物ドライバーとして独立開業するためにはかなり資金が必要です。まず車を用意しないといけないですし、保険費用などもかかってきます。それだけでなく、自分で営業活動もするといった場合には事務所などが必要になってくることもあります。こうした初期資金を賄うためにいろいろと利用できるローンなどがあるので、活用していきましょう。

フリーローンなどを利用してもよいですが、フリーローンは利率が高いのでそこまでおすすめできません。数々の助成金を利用することをおすすめします。助成金を用いて独立開業することで、一気に数百万円近く借りられることもあります。日本政策金融公庫からローンなどをすることも可能ですが、こちらはより審査に時間がかかるのでそこまでおすすめできません。

既に軽貨物ドライバーになって会社勤めしている際にはその会社から独立開業時に役立つ支援を受けられることもあります。このように軽貨物ドライバーとして起業する際は、いろいろな選択肢が用意されています。そのため、選択肢を検討しておくことをおすすめします。

いろいろなサービスを利用して車を借りる

軽貨物ドライバーとして独立開業する人向けの支援サービスもあります。こうした支援サービスではローンなどを利用できるだけでなく、軽自動車などを格安価格で利用できることもあります。もちろん利用費用はかかりますが、メリットが多いので活用してください。こうした支援サービスを用いることで、思わぬ特典も得ることができます。

たとえば、独立開業者のコミュニティーに参加していろいろと情報収集することも可能です。こうしたコミュニティーに参加して得られる情報は値千金の価値がありますから損はありません。支援サービスを用いることでいろいろな緊急時に役立ってくることもあります。

たとえば、車が壊れたり体を崩して働けなくなった際に、収入を保証してくれるサービスをしているところもあります。これによって、不安定といわれている軽貨物ドライバーとして働く際にも安心していろいろな仕事ができるようになってくるはずです。専門の相談員に、いろいろなことを聞いてもらって、独立開業時の不安などを少なくするといったことも可能となっています。

必ず備えておきたいアイテム

支援サービスを利用するとともに絶対に用意しておきたいアイテムについても知っておきましょう。

まず、何よりも軽貨物ドライバー専用のカーナビは必須です。通常のカーナビを用いてドライバーとして働くのはおすすめできないことで、専用のカーナビを用いれば入り組んだ路地の情報などもわかって事故などを起こさないで済むようになります。設定をすれば配送業者からの連絡を受信するといったことも可能です。こうした製品があれば独立開業後もより一気に楽に仕事ができるようになってくることでしょう。

他にも、家を空けがちになる軽貨物ドライバーだからこそ防犯対策もしっかりとしておいてください。日中はまったく家にいないことも多く、盗人に入られることも多くなっています。だからこそ独立開業時によい機会だと考えていろいろとセキュリティも強化しておくことをおすすめします。

セキュリティサービスを用いるというのも一つの選択肢です。いずれにしても、独立開業後はまったく生活スタイルも変わるのだということをしっかりと理解しておいてください。

家政婦さんに支援してもらう

軽貨物ドライバーは過酷な仕事です。支援サービスをいろいろ使うだけでなく、家事も代行するとよいでしょう。はっきりいって家事をする時間があるくらいならば、家政婦さんに来てもらって仕事してもらったほうがよいです。家政婦さんに家事代行してもらえばクタクタになって帰ってきた後も夕食などを作ってもらえます。

費用を気にする人もいるかもしれませんが、独立開業すれば月に百万円以上稼ぐことも可能になってくるので、そこまで家事代行サービス利用時の費用は気になりません。軽貨物ドライバー専門の支援サービスによっては家政婦派遣サービスも一緒にしているところすらあります。

こうした支援サービスだとやはり頼りがいがあるというものでしょう。軽貨物ドライバーは過労死する人もいますから、ぐっすりと体を休めることが求められてきます。どれくらいはっきり働けるかは体をどれだけ休められるかにも関わってきますから、あまり無理をしないようにしておくためにも家政婦さんなどをしっかりとここで利用しておいてください。

税金対策も欠かせない

独立開業すると何かと困るのが税金対策です。ただでさえ忙しいのに税金対策もしていられません。だからこそ税金対策は税理士に依頼しましょう。税金対策として経費対策すれば、いろいろなものを経費として上げることで納税額を一気に減らせます。こうしたことをするだけで年に数十万円も得することもあるくらいです。

他に、各種申請なども全部行政書士も任せてみてください。開業時の申請なども自分でやると不備が出たりして時間がかかります。こうしたことはやはり専門家の行政書士にお願いするのが一番です。行政書士に任せることで面倒な作業をしてもらえるだけでなく、いろいろな豆知識も身につきます。

たとえば、開業地によっても税金などが変わってきたりすることもありますから、やはり独立開業する際には専門家の知識を借りることが大事でしょう。最後に、クレーム対応も代行可能です。軽貨物ドライバー専門のクレーム対応サービスもあるので、まずはチェックして利用してみてください。使うことで余計な作業に費やす時間も省けます。

 

配送業者に軽貨物ドライバーとして就職することも、支援サービスと同じくらいメリットがあります。これによって免許取得補助などもしてくれることがありますし、いろいろな経験も積むことができるでしょう。もちろん、独立開業に必要となってくるお金も貯めることができます。いずれにしても、いろいろな支援サービスがあるので有効活用していきましょう。