Skip to content
公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/19

物流業界でのフランチャイズ契約は果たして儲かるのか?

オフィスワーカーの間で副業や独立開業の気運が高まっている昨今、さまざまな業種にてフランチャイズ加盟を行い、整った環境で事業を運営していこうと考える方も増えてきました。

その場合、「どの業種でフランチャイズを行うか」といったようなことがキーポイントになり、その中で軽貨物運送業に注目が集まっているようです。

 

なぜ物流業界でのフランチャイズなのか

コンビニやレストラン、その他販売業などフランチャイズの選択先は実に多種多様です。その中で、あえて軽貨物運送業を選ぶ理由としては、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

・需要が途絶えない

軽貨物フランチャイズのもっとも大きな利点は、なんといっても需要の大きさでしょう。たとえば飲食店フランチャイズの場合、そのお店の味が受け入れられなければ客足は遠のいていきますし、コンビニの場合、すぐ近くに競合店舗がオープンすればお客をとられる可能性があります。

しかし、軽貨物運送業のような物流に携わる事業の場合、他のフランチャイズに比べてその需要はとても大きく、幅広いです。だから、コンビニやレストランのような理由で経営的な危機に立たされる可能性が低いと言えます。

・将来性が非常に高い

また、数あるフランチャイズの中からあえて軽貨物運送業を選ぶ理由として、その将来性の高さもあるでしょう。運送業というのはネットショップが続々と登場し続けている現代において今後の伸びがさらに期待できる業界であり、明るい希望が持てます。

その中でも軽貨物は大企業の一般貨物運送業がすくいきれないニーズを獲得できる、いわば「スキマ」的なニーズが今後期待でき、多くの運送会社も軽貨物事業でのフランチャイズ加盟者を積極的に募集しているのです。

・フランチャイズによるメリットが大きい

また、これはフランチャイズ加盟者にとって大きな利益となるポイントですが、軽貨物運送業という職種自体がフランチャイズという契約形式ととても相性がよいというのもポイントです。

企業側がある程度のサポートと信頼を提供することによって契約者に事業を委託するフランチャイズという形式であれば、それまでずっと会社に勤めてきたいわゆる「起業家一年生」であっても倒産を恐れることなく安心して事業に取り組めるのです。

もちろん企業側にとっても社員を育成するコストなどを削減できるというメリットがあるため、フランチャイズというのはある意味「Win-win」な契約形式であると言えるでしょう。

 

フランチャイズの可能性を大きく広げる軽貨物のメリット

軽貨物のフランチャイズが注目を集め、多くの加盟者が募集されている理由は、何もフランチャイズという形式それ自体のみのメリットを考慮されてのことではありません。

軽貨物運送業という働き方自体もまたメリットが大きく、今まで起業や独立開業を行った経験がないという方にとっても参入しやすいのです。この項目では、そんな軽貨物運送業に参入することのさまざまなメリットについてまとめていきましょう。

・特別な資格、スキルがなくても開業できる

他の事業と比べても大きなメリットは、なんといっても特別な資格やスキルが必要ないという点でしょう。たとえば一般貨物業の場合、法令試験に合格して「一般貨物自動車運送事業」の許可を取得する必要があることに加え、自動車整備士などの資格も重要になってきます。また、飲食店を開業する場合、店の主旨にもよりますが、自分で料理や飲み物を作れるスキルが求められるのは言うまでもないでしょう。

その点、軽貨物運送業の場合は特別な資格や許可を取得しなくても開業することができます。せいぜい、普通自動車免許開業の届け出が必要となるぐらいです。また、業務内容自体も車の運転ができるかという基本的なことがもっとも重要であるため、特別なスキルを求められることもないのです。

・開業資金を安く抑えられる

事業を立ち上げようとする際に多くの方が頭を抱える問題と言えば、やはり開業資金です。事業によっては多額のローンを組まなければいけないほどの資金が求められ、万が一事業が失敗した場合、それらが負債となってのしかかってきます。

ですが、軽貨物運送業の場合、そうした開業資金も工夫次第で安く抑えることができます。軽貨物の開業にあたっては「運送用の営業車両」「営業所」「車庫」などが求められますが、一定条件をクリアすれば自家用車や自宅のガレージを事業用に転用することができ、開業資金を節約できるようになっているのです。こうした立ち上げの際に必要となるコストの安さもまた、軽貨物運送業のメリットと言えます。

・がんばり次第によっては高収入が期待できる

また、軽貨物事業の金銭的なメリットとしては、「がんばりに応じた利益が得られる」ということもあります。基本的に軽貨物運送業で得られるお金というのは「仕事をこなすことによって得られる報酬」であり、会社員のようにただ会社にいれば無条件で与えられるものではありません。

一見ハードなようにも思えますが、これは言うなれば「頑張ればその分の報酬がもらえる」ということであり、努力を絶やさない人の成果に応えてくれるシステムとも言えるのです。会社員時代の給与に不満があったという方があれば、とてもよい仕組みでしょう。

 

軽貨物のフランチャイズをはじめるためには?

それでは、軽貨物のフランチャイズをはじめるにあたっては、どのようなことを行っていけばよいのでしょうか。この項目にてそのプロセスを解説していきます。

・まずはフランチャイズを募集している企業を探す

最初に行うべきことは、フランチャイズ加盟者を募集している運送系の会社を探すことです。最近は求人誌だけでなく、企業の公式HPやランディングページにもフランチャイズ情報が掲載されています。このような状況なので、企業とフランチャイズ契約を結ぶこと自体はそれほど難しくはありません。

とは言え、フランチャイズを募集しているのであればどこの企業でもよいというわけでもないのです。加盟の際の条件や、ネット上などの口コなどに関してなるべく念入りにリサーチを行い、信頼できるかどうか見極めるようにしましょう。

・フランチャイズ加盟に必要なこと

軽貨物フランチャイズ加盟にあたって必要なプロセスは企業によって多少は異なりますが、基本的には説明会や面談などの機会が事前に設けられます。そこで詳しい条件や具体的な契約内容について説明がなされるのです。

それを経て加入が決まれば、実際業務を行う前に研修への参加を指示されます。少々面倒とも思われるかもしれませんが、こうした研修は未経験の方でも軽貨物のノウハウや経営テクニックを学ぶことのできる貴重な場であり、今後事業を成功させたいのであればとても重要な機会と言えます。そうした研修の修了後、晴れてフランチャイズドライバーとして、業務に従事することができます。

 

軽貨物フランチャイズ加盟のメリットは大きい

軽貨物フランチャイズに加盟すると、事業成功のためのノウハウを研修によって学べるだけでなく、加盟元から仕事を供給されるなどさまざまなメリットがあります。

「軽貨物で独立したいけど成功する自信がない」「いきなり一人で仕事を進めていくのは不安」といったような方は加盟を検討する価値があるでしょう。