Skip to content
公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/02

大手企業の方が安定している?独立後の仕事の選び方

軽貨物独立開業というビジネスプランが、現在会社に雇用されている方々によって注目されているようです。ネット上に公式ホームページなどを設立している会社の中には、業務委託契約という形で軽貨物事業での独立開業のサポートを行うことをアピールしているところもたくさんあります。それだけ需要があるということなのでしょう。

しかし、ただ軽貨物事業を独立開業するだけでは生活のための収入を上げることはできません。この項目では、軽貨物事業を成功させるために重要な仕事の選び方について解説を行っていきます。

 

どのような仕事を選べばよいか

軽貨物事業を成功に導いていくためには、仕事の選び方がとても大事です。安くて仕事内容がきつく、時間もかかってしまうような仕事ばかりを請けていては維持費を稼ぐのがやっとで、下手をすると独立開業前よりも金銭的に苦しくなってしまいます。

それでは、どのような仕事を請けていけばいいのかという問題ですが、この記事でおすすめしたいのは、大手企業が依頼する定期的な案件です。

 

大企業からの案件がおすすめな理由

なぜ大手企業の案件をおすすめする理由はかなり多岐に渡ります。この項目にて大手企業からの案件をおすすめする理由を一つずつ解説しています。

・・報酬が高い

大企業からの案件の一番のメリットといえば、やはりその報酬自体の金額です。一般的に中小企業のそれらよりも、大企業の案件の方が報酬が高いとされています。

この点は非常に重要であり、たとえば同じ内容の仕事であったとしても、受け取れる報酬の額が大企業かそうでないかで大きく変わってくる可能性もあるのです。長期的な目線で見た場合、大企業から多く仕事を請けているかそうでないかのふたつのケースにおいて、大きな年収の開きが生じてくることもあります。

・・常に何かしらの仕事がある

また、大企業のよいところは金額だけでなく、案件の数も豊富ということです。大企業は中小企業と比較すると資本金にかなり大きな開きがあり、このことは「どれだけ多くの報酬を用意できるか」「どれだけたくさんの仕事を外部に依頼できるか」ということと深く関わっているのです。

すなわち、軽貨物業者にとって大手企業と中小企業との違いは仕事の量でも大きな違いを見せます。規模が大きければ大きいほど常になにかしらの企画が同時進行で動いており、軽貨物業者がそれに関われるチャンスも増加するのです。

・・長期的な案件が期待できる

また、大手企業のよいところは、案件自体が長期的な計画をふまえて依頼されている場合が多いという点もあります。大企業は資金が豊富である分、物質の輸送にもお金をかけることができます。ですので、あらかじめ複数回続けることを前提とした配送計画をスムーズに立てられるという利点があります。

このことは軽貨物業者にとって、その企業と長期的な付き合いができるというメリットにもつながるでしょう。いわゆる定期便やルート配送といった継続的な案件を受注し、安定した収入獲得が得られるチャンスにもなりうるのです。

・・未払いなどのトラブルが発生しづらい

大手企業をクライアントとして案件を受注するということは、安心して仕事を行い、問題なく報酬を得られる可能性が高まるということでもあります。

軽貨物のみならず、事業における報酬の未払いというのは決して有り得ない話ではありません。資金力のない会社が約束していた報酬を出し惜しんだり支払い前に会社が倒産したというのはしばしば聞かれる話です。しかし、資金に余裕のある大企業ならば、そうした未払いのリスクが大きく減少するでしょう。

 

中小企業からの案件を請けることのメリット

先ほどの項目では大手企業から仕事を受注することのメリットについて解説しましたが、だからといって中小企業から仕事を請けることが悪いということではありません。

この項目では、中小企業から仕事を請けることのメリットについて解説していきます。

・・案件を受注できるハードルが低い

中小企業案件のもっとも大きなメリットは、なんといっても「受注のしやすさ」です。大企業の場合、高収入で長期的に継続できる魅力的な案件を獲得できる可能性が高いですが、その分請けるにあたっての条件も厳しくなっています。大企業も信頼性のない軽貨物業者に仕事をふったりしたくはないのです。

その点、中小企業の場合は大企業と比べ、比較的案件を受注しやすいと言えます。依頼者に求める条件が緩いので、ちょっとしたコネクションがあれば簡単に受注できるといったこともあるのです。ですので、開業したばかりで実績がないならば、中小企業案件を中心に受注した方が利益を獲得しやすい場合があります。

・・競争相手が少ない

大手企業が応募している高収入の案件を獲得したいのは、誰もが思うことです。だから、その競争率も必然的に高くなります。ひとつの案件に対し、大勢の業者がさまざまな方面からワッと押し寄せるようにやってきます。このように競争相手がたくさん存在する場合、こちらにも相応の実績や信頼がなければ選ばれるのは簡単ではないでしょう。また、競争相手が多いと選考に時間がかかり、維持費の支払いなどに影響が出ることもあります。

中小企業の場合、大手企業と比較して全体的な数自体が多いので、その競争率自体も相対的に低くなりがちです。よって、競争相手が少ない状況で、スムーズに仕事を請けられる可能性も高いでしょう。

・・企業が成長すればより大きな利益を得られる

中小企業の案件を中心に受注するのは、大企業のそれと比較するとそれほど将来性や長期的な利益につながらないように思えます。しかし、必ずしもそういうわけでなく、将来的に大きな利益を生む可能性もちゃんとあるのです。

たとえば、お得意様として長年付き合いを持ってきた中小企業が急成長し、大企業となった場合です。最初から大企業と付き合いを持つことは簡単なことではありませんが、規模の小さいころから取引を続けてきたというのであれば、むしろ他業者より優遇されることもあるかもしれません。こうした可能性を考慮して仕事を選ぶのも、悪い案件ではないでしょう。

 

優れた条件の仕事を獲得するには

軽貨物で独立すればどのような業者にも優良な案件が得られるというわけではありません。より優れた案件を獲得するには、そのための方法を実戦する必要があります。
最後に、そのためのコツについて解説を行いましょう

・・何はともあれ「信頼」が重要

好条件の案件に必ず共通しているのは、それらが「もっとも信頼できる業者にふられる」ということです。そのような案件には責任を伴うものが多いので、ちゃんと仕事をこなしてくれると信じられる人にしか任せられないのです。

よって、優良な仕事を受注するには、信頼を獲得していくことが非常に重要です。遅配や急なキャンセルを起こして依頼主を困らせず、一度受注した案件は必ずやり遂げることがとても大事な事柄となります。

・・サポート業者との提携で受注率アップ

優良案件を獲得するもうひとつのコツとしては、軽貨物での独立を支援してくれる業者と提携することです。

提携後はその業者のコネクションを活用して仕事を受注できますから、その内容によっては開業してそれほど年月を経ていなくとも優良案件をこなせるようになります。もし、サポート業者との業者委託をご検討されているなら、この点を考慮したうえで探しましょう。