Skip to content
公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/06/23

甘く見るのは禁物!軽貨物ドライバーの独立開業に失敗しやすい人とは?


インターネットショッピングが広く認知されるようになったことで、軽貨物ドライバーの需要が飛躍的に高まっているようです。自分もドライバーに挑戦してみようと考えている人も多いのではないでしょうか。もっともしっかり準備しなければ失敗をしてしまうので、今回の記事では独立開業における失敗しやすい点を中心に詳しく解説していきます。

独立してフリーの軽貨物ドライバーとして働くメリット・デメリット

独立してフリーの軽貨物ドライバーとして働くには、メリット・デメリットがそれぞれ存在します。メリット・デメリットそれぞれについて以下で詳しく解説するため、軽貨物ドライバーで独立しようと考えている人は参考にしてください。

独立してフリーの軽貨物ドライバーとして働くメリット

独立してフリーの軽貨物ドライバーとして働く上では、まず開業におけるハードルが低いため挑戦しやすいというメリットがあります。一般貨物自動車運送屋特定貨物自動車運送などにおいては、独立する際に許可制となっているため、役所で申請をしなければいけません。申請したのにも関わらず許可がおりなければ独立して働くことはできませんが、軽貨物運送業の場合は違います。なぜなら軽貨物運送業に関しては独立する際は届出制となっているため、他の運送業と比較しても開業におけるハードルが低く独立がしやすいのです。

また独立してフリーで働くことによって、サラリーマンとは異なり、自分のペースで働けるのも大きなメリットになります。基本的にサラリーマンとして働いている場合は、朝から夜まで決められた時間働かなければいけません。しかし、軽貨物ドライバーとして独立すれば自分のペースで働けるのです。同僚や上司にあたる人も存在しないため、面倒な人間関係に気を配らなくてよいのも、人によっては大きなメリットなのではないでしょうか。

さらに独立してフリーで働くことで、大きく収入を伸ばせる可能性もあります。サラリーマンとは異なりフリーの人は基本的に働いた分だけ収入が上がる「完全歩合制」を取り入れているため、自分の頑張り次第でどこまでも収入を伸ばすことが可能です。

独立してフリーの軽貨物ドライバーとして働くデメリット

独立してフリーの軽貨物ドライバーとして働くデメリットとしては、サラリーマンで働く場合よりも安定性に欠けているという点がまず挙げられるでしょう。基本的に独立して働くということは、社会的には自営業としてみなされます。

もっともこの自営業に関しては、独立したてすぐの場合においてほとんど社会的なステータスというのがありません。そのためクレジットカードや賃貸契約など、収入の審査が必要なほとんどの場合において落とされてしまうでしょう。できるだけ独立してフリーで働く前に、あらかじめクレジットカードなどすべて用意しておくのが重要になります。

また独立してフリーで働く場合、自分でさまざまな手続きを行わなければならないというデメリットもあるので注意してください。会社に属してサラリーマンとして働いている場合は、基本的に配送業務だけをこなしていればよいでしょう。

しかし、独立すると他の人が担っていた税金・経費の計算など、すべて自分で行わなければいけません。場合によっては独立したのにも関わらず、慣れない事務作業に時間を取られて、配送業務に集中できない場合もあるでしょう。そのため、独立してフリーの軽貨物ドライバーとして働き出す前に、あらかじめどのような事務作業が必要なのかをしっかりと調べておいてください。スムーズに作業ができるよう予備知識を蓄えておくのも、独立してから働いていくためには重要なポイントといえます。

こんな人は要注意!軽貨物ドライバーの独立開業に失敗しやすい人の特徴とは?

独立してフリーの軽貨物ドライバーとして開業したとしても、すべての人が成功できるというわけではありません。そこで軽貨物ドライバー独立開業に失敗しやすい人の特徴を以下で紹介するので、あらかじめ失敗しやすい点を知っておき準備をしましょう。

独立開業に関する準備をせず独立してしまう人

上記でも触れましたが、サラリーマンとして会社に属していた時とは異なり独立開業した場合、自分でさまざまな事務手続きなどを行わなければいけません。そのため、ただ単純に配送だけをしていれば収入が増やせると考えて、安易に独立開業してしまうと失敗してしまいます。

独立開業してからどういった事務作業が必要となるのか、サラリーマンの時とは異なりどのような業務をこなさなければいけないのかをしっかり調べて、独立開業してから困ることがないように準備をしておきましょう。

甘い言葉に乗ってしまう人

残念なことですが、独立開業しようと考えている人に近づいて、悪徳な求人を紹介してくるという人も多く存在します。独立する前には条件のよい軽貨物ドライバーの募集のように見えたとしても、実態は中間手数料を抜き取ったり、登録料だけ取って業務を回さなかったりする人や会社も多く存在するので注意しなければいけません。すぐに稼げるようになるからという甘い言葉に乗ってしまって、安易に独立開業してしまうと、このような落とし穴も待ち受けています。

すぐに稼げるようになると考えている人

独立開業して、すぐに稼げるようになるのではないかと考えている人も多いのではないでしょうか。確かに、近年インターネットショッピングが急速に普及している世の中において、軽貨物ドライバーの需要というのは非常に高まっています。

しかし、だからといってすぐに稼げるようになると考え、安易に独立開業してしまうと失敗してしまう可能性が高いでしょう。独立開業に関してはサラリーマンとはまったく異なり、さまざまな手続きやこなさなければいけない事務作業などがあります。そのため、すぐに稼げると安易に考えて独立してしまうと、実際とは異なり挫折してしまうこともあるので注意してください。

独立開業の失敗を防ぐために抑えておくべきポイント!

独立開業の失敗を防ぐためには、以下のように抑えておくべきポイントがいくつかあります。

独立開業における準備とリサーチをしっかり行う

独立開業して失敗をするということを防ぐためには、まず事前にできる準備とリサーチだけはしっかり行なっておく必要があります。やらなければいけない手続きの基礎的知識や、独立開業をサポートしてくれる運送会社のリサーチなど、できることは多いためしっかりと準備をしておきましょう。すぐに稼ぐことができるようになるという甘い言葉には流されずに、自分でしっかりと準備をして調べて判断するというのが独立開業の失敗を防ぐ上で重要です。

独立する前にできることはしておく

独立して自営業という社会的ステータスになると、どうしてもはじめたての時にはカードや賃貸の契約における審査などに落ちてしまいます。そのため、独立する前にカードや賃貸に関する契約というのは済ませておくと、独立してから焦ることはないのでおすすめです。

 

軽貨物ドライバーの独立開業が失敗に終わらないようにするためには、今回紹介したようにあらかじめしっかりと事前準備をしておくというのが重要になります。すぐに稼げるようになるだろうと安易な気持ちではじめてしまうと、独立開業はほとんどの場合失敗に終わってしまうので注意してください。