Skip to content
公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/07/02

軽貨物運送業と宅配業の違いは何?

転職で悩んでいるのなら、思い切って開業してはいかがでしょうか。自分の力だけで報酬を得ることは大きな充実感を得られます。経験がない場合でも運送業なら短期間で開業できる場合があります。しかも運送業は今後需要が高まりつつあるので、成功するチャンスです。特にフットワークの良い軽貨物運送業を選べば大きな報酬が得られる可能性があります。

努力がきちんと評価されるのがメリット

全国のありとあらゆるものが、ドライバーの運転する自動車によって運搬されています。荷物を運ぶドライバーは物流を担う要として社会には欠かせない存在であり、ドライバーという仕事をなくしては生活そのものが成り立たないとさえ言えるでしょう。

ドライバーは大きなやりがいと充実感のある仕事です。そしてドライバーは決められた時間内に荷物さえ運ぶことができれば自由に過ごすことができるので、静かなデスクワークよりも、外での仕事が好きな人に向いています。

しかもお客さまと接する機会も多く、気軽に声をかけられる度に嬉しい気持ちになることもあります。さらにこの仕事は健康で交通違反さえ起さなければ長く続けられるのがメリットです。

そして他の種類の仕事では煩わしい人間関係によって、その人の評価が大きく左右されることがありますが、ドライバーの仕事なら頑張った分だけ正当な報酬を受けることができます。努力が給料に直結するドライバーの仕事なら、高収入を得るのも夢ではありません。

ドライバーは決して楽な仕事ではありませんが、人手不足により待遇面などについて改善しようとする会社が増えはじめているのが現状です。この業界も他と同じように高齢化が進んでおり、若手の育成が期待されています。今後は休日が増えたり、女性でも安心して仕事ができる職場がもっと増えていくでしょう。

ドライバーと一口に言っても、さまざまな種類があり働き方に特徴があります。それぞれのメリットや仕組みについて十分に理解してから、自分に合うものを選びましょう。

働きかたの違いを事前に知っておこう

ドライバーの中でも軽貨物自動車やバイクで荷物を運搬するのが軽貨物運送業におけるドライバーです。深夜でも走り続ける長距離ドライバーとは違い、基本的にその日の内に指定先へ届けます。そして軽貨物ドライバーが使用するのは軽車のみと定められているので、普通自動車運転免許を持っていれば誰もがはじめることが可能です。

そして軽貨物ドライバーとして仕事をはじめるためにはいろいろ準備をしておくことが必要になります。自分ではじめたいときには、黒ナンバーを取得して営業許可を受けなければなりません。

黒ナンバーを得るには、申請すればよいというものではなく、そろえておかなければならない条件がいくつかあります。営業所と休憩施設が駐車場から2キロ以内の市街化調整区域外にあることが必要です。さらに運賃などを明確に定めた営業体制を整備し、任意の自動車保健にも加入することが必要です。

そして同じ荷物を運ぶ仕事として宅配業のドライバーがあります。大型や中型のトラックも運転するので、必要に応じて免許証を取得します。宅配ではその日の内にではなく、1日から3日ほどの日数をかけて指定先まで届けます。

宅配ドライバーは軽貨物ドライバーよりも届け先が多いので、さまざまな場所へ移動することが必要です。そして運ぶ荷物の種類について法律や条例で定められているうえに各業者で独自の制限もしています。

基本的に届けた個数によって報酬が得られるので、不在で届けられない分は報酬としてカウントされません。自分なりのノウハウを身に付けるまでは満足のいく収入を得るのは難しく、ある程度の経験が必要です。

きちんとしたサポートが受けられる業務委託先を選ぼう

安定した高収入を実現させるためには軽貨物運送事業を開業して、ドライバーとして働くのが近道です。運送業には3種類ありますが、軽貨物運送事業だけが許可制ではなく届出制となっています。つまり開業するにあたり面倒な役所での手続きが簡略化されており、必要最低限のことだけ通知しておけば誰もが気軽に開業することができる仕組みになっています。

このような理由から、これまであまり運送業とは関係のない業界で仕事をしてきた人が多いのが特徴です。しかし運送業の経験がほとんどない人にとって不安や疑問を持つことは当然です。軽貨物運送事業を開業するにあたり、さまざまなリスクがあることも事実ですが、信頼できる業務委託先を選ぶことで丁寧なサポートを受けることができます。このような業者は開業後のサポートも万全なので、安心して任せられます。

そして優良な業務委託先を見つけるためにはインターネットを利用するのが便利です。口コミサイトなどの評判について日頃から小まめにチェックしておきましょう。これらのサイトで高い評価を受けていることが必要です。

 

転職や開業を考えるとき、大切なのはあらかじめ目的を明確にしておくことです。そしてリスクやその仕組みについてきちんと理解しておくことも必要です。職種を選ぶ際、目先の利益や表面上のことだけにとらわれてはいけません。後で悔やまぬように自分に合うものを慎重に選びましょう。

軽自動車での軽貨物運送業の開業なら優良な委託業者を見つけることで、働きに見合った報酬を得ることができます。きちんとしたサポートが受けられるので、安心です。面倒な許可を得ることも必要ないので、思い立ったそのときにはじめられるのも大きなメリットです。

しかもこの業界はニーズが高まりつつあるので、今後の発展が期待される業界でもあります。そのため、待遇の改善も進んでいるのが特徴です。軽貨物ドライバーは荷物を運ぶだけの仕事ですが、やりがいが得られる仕事として人気を集めています。どこを選んでよいか迷ったら、軽貨物運送業界に夢を託してみましょう。